• 相模原市南区から中央区・町田市の猫・犬・鳥・ウサギ・ハムスターに対応できるペットシッター。旅行・出張・病気療養等により飼い主様がご不在の時、ご自宅へ伺って代わりにお世話を承ります。介護ケア付きシッティング、受診代行、買い物代行等の利用も可能。

くぅぴ~す の由来

2020年春、相模原市南区から中央区、町田市を対応地域とするペットシッター”くぅぴ~す”を開業いたしました。

くぅぴ~すという屋号は、私が保護した1頭の子猫の名前に由来しています。
2018年の夏、公園に遺棄されていた推定3ヶ月齢の黒白の女の子を保護、”くぅ”と名付けました。
トップページの集合写真の一番左側にいるのがその子です。

保護してまもなく難病である遺伝子疾患を発症したことが判明し、2か月経過した頃には進行性の神経変性・骨変形と四肢硬直によって立ちあがることも、自分で食餌を摂ることもできなくなりました。平均余命は生後15ヶ月、宣告された病名はライソゾーム蓄積病。獣医療の世界では治療法が未だ確立されていない致死性の難病でした。

1才3ヶ月の短い猫生で虹の橋へ旅立ったくぅが、私にとって初めての動物介護でした。
日を追ってどんどん身動きの自由が奪われていくなかでも、全身で懸命に甘えて抱っこを所望し、可愛らしい仕草を見せてくれるその命を見つめながら、私はこの仕事への思いを強くしていきました。

屋号のくぅぴ~すは(安らぎ・平和・穏やかさ)を表す英単語の”PEACE”と
”くぅ”への私の思いを込めています。
健常な子たちのシッティングの一方で、病気や老齢で寝たきりになった子を抱える飼い主様が誰かの手を必要とした時にお役に立てるように。
毎日の介護に少し疲れた時には代わってお力になれるような・・・そんなシッターでありたいと志しました。

大きな組織下でもなく、知名度もない、いちペットシッターとしてのスタートですが、個人だからこそ柔軟に、飼い主様のご要望にも細やかに対応できることがあるのではと思っています。
「くぅぴ~すでよかった、安心して任せられた」 そんなお言葉をいただけるよう、奢ることなく日々精進してまいりたいと存じます。
これからのくぅぴ~すをどうぞよろしくお願い申し上げます。

ペットシッター くぅぴ~す
 動物取扱責任者 斉藤智子

第一種動物取扱業(保管)相模原市指令(生衛)第201-00278号 R2.2.5-R7.2.4
全日本動物専門教育協会取扱事業者会員(賠償責任保険加入店)
◆愛玩動物飼養管理士 ◆愛玩動物介護士 ◆愛玩動物救命士